早川殿 小話(諏訪原城)
スキップしてメイン コンテンツに移動

早川殿 小話(諏訪原城)

さて、今川氏真が一時期城主だった牧野城は、現在Blogにも掲載しました通り、諏訪原城跡として石碑等が建っております。(写真①)
①石碑は牧野城ではなく諏訪原城

これは、最初にこの城を築城したのが武田勝頼で、城内に、彼の母方湖衣姫方の先祖である諏訪氏の諏訪大明神を祀ったことから、その名で呼んでいました。

武田は、信玄公の頃から、駿河まで拡大した領土を、更に家康に分割を約束した遠江に拡大して行きたいと強く望み、切り取って行った歴史がありますね。
勝頼も同じで、この遠江に少し食い込んだ牧の原台地に東海道の要としての城を築いたのです。

遺構は割と武田時代のものが、空堀等の作り方等に残っているようです。ですので、諏訪原城址と武田時代の名称で呼ぶのでしょうね。(写真②)
②堀の説明で甲州流の三段掘り
との記述が看板にあります


ここは当時の物流を考えると、非常に重要な拠点です。やはり東海道沿いが、この当時も大動脈ですから。
写真③は本丸からの景色です。東海道方面、奥には駿河と遠江の国境である大井川も見えます。(写真③)
③本丸からの景色

当時武田の防衛線でもあり、侵略の最前線、高天神城への補給路でもありました。

長篠の戦いで弱った勝頼から、家康はこの城を奪取するのです。
家康は、この城を奪取したのが余程嬉しかったらしく、中国の故事に習って、牧野城と改名したようです。
また、氏真を1年足らずで城主解任していますが、やはり、これ程重要な拠点の城主に氏真は向いていないと判断したのでしょうね。

明治になり、徳川慶喜が将軍職を辞し、駿府に引っ込むと、随従した沢山の旧幕臣たちを喰わす手立てがないので、彼らに頑張って茶畑を開墾させます。
その中心となるのが、この諏訪原城址一帯なのです。
現在も、城址の周りは、茶畑だらけとなっています。(写真④)
④城址の中までこのように茶畑が

まあ、茶畑のお蔭で、結構遺構が残っているという話もあります。

しかし、この城に新しく作られた、この門もどきは何の意味があるのでしょうか?(写真⑤)
⑤門もどき?

ご存じの方がいらしたら、是非お教えください(笑)。

---Blog「マイナー・史跡巡り」(北条氏康の娘たち② ~早川殿~)
http://tamaki39.blogspot.jp/2017/04/blog-post_30.html


↓圧して頂けると嬉しいです

このブログの人気の投稿

石橋山合戦 小話② 土肥の大椙

やはり箱根は気持ちよいです!「マイナー・史跡巡り」も、たまにはこのような有名観光地に辿り着けることがあることが救いです。(写真①)

しかし、決して美味しいモノを食べたりせず、時間を惜しんで、コンビニおにぎりばかりの食事ですが(笑)。
石橋山合戦場から、一々早川まで戻って、旧国道1号を態々登って、大観山へ到着するまでの走行距離は30kmを越えています。(地図②)


あの前田青邨の名画の場面となった洞窟が見たくて、車を走らせてきました。(絵③)
多くのblog等では、平家軍の山狩りで、梶原景時に見つかった瞬間の、この場面は、「しとどの窟」であるとしていたので、私もすっかりカーナビを「しとどの窟」にセットして、走ってきました。

ところが、大観山から真鶴へ向かう道路を走行中、有名なレーダー局が良く見えるヘアピンカーブを走っていると、何か曰くがありそうな石碑を目撃。(写真④)
直感的に何か大変重要な事が、この石碑に書いてあるような気がしたので、車をバックして戻し、せいぜい2台しか入れないスペースに止めます。そして石碑のところへ。(写真⑤)

えっ!ちょっと待て、ここがあの青邨先生の名画の場面の杉があるところ?
と、???状態です。

ここに目指す青邨先生の描いた場所があるようなので、「しとどの窟」は後にして、兎に角調査をすることにしました。このヘアピンカーブから、下の看板に沿って歩けばいいのでしょう。(写真⑥)
写真⑥、杖が邪魔してすみませんが、石碑に「北東へ」と書いてあります。
すっかりGoogleマップで歩くことに慣れている私は、早速スマホを取り出し、アクセスしようとします。が、

なんと!電波が入りません!

流石天下の険の箱根ですね。電波専門のレーダー局は直ぐ近くにありますが、携帯電波が入らない。(逆に、レーダーへの干渉を避けるため、携帯電波塔を建てていないのかも。)

こういう文明の利器に慣れ切った怠惰な生活を送っていると、こういう時に困ります。
腕時計は針式では無く、歩数計兼ねたデジタルだし・・・(T∇T)

仕方なく、私の杖の先端に付いている精度が良くない方位磁石を当てにすることとしました。しかし、なかなか方角が安定しません。

「えいっ、ままよ、こっちじゃ!」とばかりに、勾配を下り始めました。
途中、海等も見えて、良い景色です。気分良く歩いていました。(写真⑦)

しかし、歩…

クロアゲハの羽化

最近は、上野のパンダの赤ちゃんの話題が明るいニュースとして流れていますね。
我が家も1つ明るいニュースがありました。

我が家に生えているカボスに毎年アゲハチョウがやってきては卵を産んでいきます。
そして卵はふ化し、幼虫と化しています。

最初の頃は、「カボスの葉が全部食べられてしまう!」と焦りながらも、面倒くさいので、何もしないでいると(笑)、いつの間にか居なくなっています。

どうやら鳥に食べられたようです。

しかし、次々にアゲハはやってきて産むのでしょう。
ひっきりなしにと幼虫は産まれ、そして消えて行きます。
結果的にカボスは守られ、毎年良い実を付けます。

しかし、アゲハの幼虫は可哀想に、毎年全軍鳥に食べられているようです。

そこで、流石に可哀想に感じたのでしょう。妻が今年は幼虫を2匹を保護しました。
そのうちの1匹については、見事写真のようにクロアゲハに羽化したので報告します。(写真①)

採取してきたのは、5月下旬頃ですが、すんごい大食漢で、6月3日は、写真のように、幼虫~!って感じになっています。確かにこれは目立ちますね。(写真②)

とはいっても、葉と同系色であり、いつも日中は、カボスの葉の裏でじっとしています。
目のように見えるところは、食べに来た鳥等を驚かせるためのカモフラージュで、本当の顔を目は、写真の口先に見えるところの下に、小さくまとまっています。
それでも、やはり鳥に見つかると無情にも食べられてしまうのですね。
幼虫は幼虫なりに考えて、葉の裏でジッとしているのに、世間の風は冷たい(笑)。

で、こやつらは、夜間に大量にカボスの葉を食べます。「はらぺこあおむし」という絵本を読まれた方多いと思いますが、あれはあながち大げさではありません。

ただ、こやつらが健気なのは、親のアゲハ蝶の顔なぞ見たこともないだろうに、親には絶対の信頼を置いているのです。

というのは、こやつら、絶対に自分が産み付けられた木の葉しか食べません。
ある山椒の樹に産み付けられた幼虫は、その山椒の葉のみ、カボスに産み付けられた幼虫はカボスのみ。他の葉を与えても食べずに本当にそのまま飢えて死んでしまうのです。

という生活を、羽化して2週間程度重ねると、急に写真③のようになり、動かなくなりました。

そう、蛹(さなぎ)になるのですね。(写真④)

そして、それから2週間。
昨日の朝、写真のように…

石橋山合戦 小話① 石橋山古戦場

石橋山合戦について、拙著マイナー・史跡巡りに描いています。
これら史跡巡りでの、調査状況(?)について、またつらつら(Tsure-Tsure)と書いていきたいと思います。

1.三浦軍停滞箇所(小田原PA)

まず、石橋山古戦場へ向かいます。
東名高速厚木経由で、小田原厚木道路に乗り換え、小田原PAで休憩。

ちょうど、このPA辺りが、三浦軍が増水した酒匂川を越えられず、停滞し、大庭景親所領の建物に火を付けて廻ったあたりです。(写真①)


その火は石橋山へ登った景親から良く見え、怒った景親は三浦軍が酒匂川を越えられないうちに、寡少な頼朝軍をやっつけてしまおうと思わせる動機になりました。(軍配置図はこちら

現在のように、鉄塔やら電線やらの建造物が無い時代ですから、良く見えたのでしょうね。三浦軍も火など無駄に点けずに、淡々と石橋山へ向かえば良いものを・・・。等と考えながら、小田原・厚木道路から、車を国道1号を西に走らせます。

2.石橋山古戦場到着

山と海岸が迫っているところ、急に「石橋山古戦場⇒(こちら)」みたいな看板が現れ、急ぎ右折、数百m位坂を上ると、写真②のような石碑があり、無事古戦場に到着という感じです。(写真②)※地図はこのblogの最後にあります。


古戦場、意外と海が近いです。(写真③)
3.佐奈田霊社

さて、石碑から少し登ったところに、「佐奈田霊社」があります。(写真④⑤)



霊社自体は、改修工事中でした。与一塚の奥の坂を下りて行きます。
もしかして、この斜面を俣野五郎と転げ落ちたのかな?(写真⑥)


そういう坂だとは看板等には全く説明が載っていませんが、この階段を下りきった所が、マイナー・史跡巡りにも載せている与一の討死の碑が建っている場所なのです。

4.ねじり畑

さて、ここで、マイナー・史跡巡りには書かなかった2つの伝説(?通説)をご紹介します。

1つは「ねじり畑」です。「マイナー・史跡巡り」に掲載している与一討死箇所の写真には、この言葉が写っています。

どうやらこれは、与一が俣野五郎と上になったり、下になったり、ねじれにねじれた取っ組み合いの後に、長尾新六に討ち取られてしまったので、与一のねじれた霊が、そこの畑で採れる野菜全てねじれるようにしてしまったというものです。(写真⑦)
しかし、写真⑦を見ると分かる通り、与一の討死した「ねじり畑」の箇所は、畑というよりは荒地…

頼朝の旗揚げ 小話① 山木判官兼隆屋敷跡

さて、今回の「マイナー・史跡巡り」は頼朝の旗揚げの話でしたが、史跡を巡った時の私の苦労話等も、少しさせて頂ければと存じます。まずは、旗揚げの攻撃対象とされた山木判官兼隆屋敷の調査模様のレポートです。

石橋山の合戦場、土肥実平の領地だった湯河原の辺り等、頼朝が逃げ回った箇所を調査した後、旧国道1号沿いに、伊豆は三島方面に車を走らせます。(写真①)


見えてきました狩野川流域、函南(かんなみ)。ここから伊豆韮山(にらやま)辺りまでは、もう史跡の宝庫です。同じ場所に、時代の異なる史跡がいくつも折り重なる場所です。(写真②)

蛭が小島の辺りも、写真③のように真っ平です。蛭が小島から狩野川方向を見た地形です。

「マイナー・史跡巡り」の上空写真(下の地図④)では、狩野川は蛭が小島からかなり北西側を流れており、が、この平らさから分かるように、過去この辺り一帯も狩野川が流れており、蛭が小島もその川の中洲だったことがあるようです。
この下の地図見て頂くと分かりますが、地元の北条時政の守山城は言うに及ばず、韮山城(北条早雲の居城)、江川邸(江川太郎左衛門の代官屋敷)、山木判官屋敷等は、皆丘陵地帯に建っていますね。これは当時、狩野川が氾濫しても、大丈夫なように皆ちょっとした高台に建っているのです。

少々高くないと湿気が多く、当時は労咳等の病気にもなりやすいと思われます。

頼朝は一応、配流人(罪人)なので、このような地元の名士が住むような丘陵地ではなく、氾濫地帯・湿気が多い等、条件の悪い蛭が小島に住まわされたのではないでしょうか?
地図④を見て頂くと分かるように、山木判官屋敷跡は、江川邸の直ぐ近くです。

なので、私は江川邸の駐車場に車を置き、目の前の方向案内に従って、山木判官屋敷跡へ向かいます。(写真⑤)
しかし、不思議な事に、この方向指示以降、⑤の写真で示す道の方向(写真⑥)を行けども行けども、屋敷跡の案内等は出て来ません。(写真⑥)
とうとうこの写真⑥に見える一番奥の山端まで到着してしまいました。

そこで、この道端でネコに餌をあげている30代の女性に、屋敷跡について訊いてみました。
「あの・・・、」 「はい」 「やまきはんがんのお屋敷って、この辺りですよね?」 「はい、ここが山木ですが。」 「あ、はんがん」 「ハンガン?ですか?」 「ほうがんだったっけかな?」 「ホーガン?・・・・」 …

日本三大悪人 道鏡 小話①

道鏡について「マイナー・史跡巡り」で描きましたが、それについて、熱心な皆様から、沢山のコメントをFacebookの方に頂きました。

皆さん、この時代、この件について大変詳しい方ばかりで驚いたのと同時に、これらの話をコメントだけに閉じておくのは大変勿体ないと感じましたので、小話として何回かに分けて掲載させて頂きたいと思います。

まずK氏のコメントから。

【K氏コメント】◇ ◆ ◇ ◆ ◇

孝謙天皇はかなりやり手で激しい女性だと思うのですが、道鏡はそんな彼女に振り回されたのではないでしょうか。

「道鏡を天皇に!」との神託が伝えられた時の彼の心理は「まんざらでもない」よりも「これはまずい、やりすぎだ」だったと思うのです。

左遷された時にも従容として受け入れているし、恨みがましいことを言った形跡もなく、まして菅原道真みたいに怨霊化していない事を考えると彼は高潔な人物であり、皇位簒奪を狙う大悪人とは思えないのです。ただ感情を表に出さないので誤解される事が多い人だったとは思いますが…

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


正直、道鏡が、このご神託の偽証について、絡んでなかったとは想像もつかなかった私には目から鱗のコメントで、かつ説得力があるように感じました。

もし、道鏡が、このような人物像であったなら、大悪人どころか、素晴らしい人格者ということになりますね!

どう思われますか?

---Blog「マイナー・史跡巡り」(日本三悪人① 日本三悪人② ~失意の道鏡~) http://tamaki39.blogspot.jp/2017/05/blog-post_28.html
↓圧して頂けると嬉しいです

戸田湾 小話②:駿河湾の海流の流れ

前回伊豆半島の地形に関する火山の話をしましたので、今回は地形と気候に関する海流の話です。

静岡県道17号線を走ると、井田という山間と海に囲まれた、西伊豆らしい小さな村を見下ろせる風光明媚な場所があります。(写真①)

井田には明神池という、海流が湾に砂洲を作り、ついには湾を埋めて出来た池があるようです。

この位置からは、明神池を綺麗に撮ることが難しかったので、海側から撮影された写真をWebから失敬してきました。(写真②)

この明神池と例の戸田湾の砂洲、伊豆半島の西端である大瀬崎(写真③、県道17号線から写しました)の3か所が、駿河湾の海流が造った砂嘴なのです。(写真④)
話脱線しますが、海流による砂の移動で出来た明神池や大瀬崎の砂洲の中の丸い池は、何故か淡水です。

話戻って、写真④で一つ気になったのは、海流の方向が南から北ですね。どうしてこの方向なのでしょうか?Webで色々調べると、どうやら黒潮の流れが西から東なので、その一部が伊豆半島の西側にぶつかり、そこから西伊豆沿岸を北上するのですね。

となると、前回の小話①で述べました伊豆半島の達磨山は夏いつも霧が出ていたとか、読者の方から「天城山の語源は雨木であるくらい、雨が良く降る」というコメントを頂いたのも、なるほど!と理解できます。

伊豆半島は、黒潮のもたらす湿った空気が、半島の達磨山や天城山等の高い山に登ると冷却されて霧や雨になるのでしょう。また、この南からの海流による保湿・保温した空気のお蔭で、伊豆半島は比較的暖かい気候という訳なのでしょう。

この理屈で言うと、千葉の房総半島も同じなのでは?と考えてしまいますが、いかがでしょうか?

---マイナー・史跡巡り関連ブログ(幕末の日露交渉① ~戸田湾へ向かうプチャーチン~)
http://tamaki39.blogspot.jp/2017/02/blog-post_19.html

↓圧して頂けると嬉しいです

日本三大悪人 道鏡 小話②

道鏡について「マイナー・史跡巡り」で描きましたが、それについて、熱心な皆様から、沢山のコメントをFacebookの方に頂きました。

 さて、前回のK氏に続いて、今回の小話はA氏のコメントです。

【A氏コメント】◇ ◆ ◇ ◆ ◇

道鏡巨根伝説は鎌倉初期に成立した歴史物語「水鏡」くらいから登場するようです。

「水鏡」では道鏡が権力が欲しいと一生懸命如意輪観音にお祈りしていたのにぜんぜんご利益なかったので頭にきて小便を引っ掛けていたらどこからともなく虫が飛んできてチクリと刺されてたちまち腫れあがって巨根化、それをきっかけに孝謙天皇(称徳天皇)に気に入られて出世階段を駆け上っていく…という読んでいて眩暈がしてくるような展開でした(笑)。

古典文学の中で道鏡をネタにしている部分を取り上げた本を読んだことがあったのですがそのほとんどが下ネタがらみの笑い話系、金精峠(写真①)のエピソードも含めて昔の人はやはり大悪人というよりギャグキャラクターのような位置づけでとらえていたような気がします。

大悪人扱いされるのは明治以降とか、かなり後になってからなんじゃないでしょうか。

ちょっとまじめな話ですご~く長くなってしまうのですが、奈良時代末期にはまだ天皇制がどのような形で成り立って受け継がれていくのかまだはっきりとした形ができあがっていなかったのだと思います。

天武天皇以来の皇親政治は血族結婚の弊害が出てきて、なかなか健康な後継者が出てこない。

そのために母が藤原氏出身の聖武天皇が即位、さらにその聖武天皇の皇后にはやはり藤原氏出身の光明子が人臣初の形で立后、しかも男子の跡取りがなかなか生まれず阿倍内親王(後の孝謙天皇)が女性で初の立太子…異例尽くめの展開をなし崩し的に既成事実化していた時期ですね。

一方で当時は仏教が大隆盛、大仏はできるわ鑑真は来るわトップに立っているはずの天皇は「わたしは三宝の奴」とか言い出して仏教を持ち上げます。

そんな中で仏教における師弟関係が擬似的な親子関係として位置づけられる「法脈」という流れが出来上がっていき、やがてそれが血縁関係による流れ「血脈」と同等の扱いを受けるようになっていく。

なので師弟関係の道鏡と孝謙天皇は法脈のうえからすると親子と同等の関係にある。そして天皇家はかつて奈良時代の直前に文武天皇→元明天皇という息子から母親という継承パターンがあった…